中央区
    

03-3289-1044
東京都中央区銀座6-7-4
銀座ミハシビル2階
営業時間/12時〜14時、17時〜22時
(土曜は12時〜20時)
日曜休み
※昼にはにぎり、ばら散らし、吹き寄せ散らしいずれも3000円がある。
まずは「つけ台」の向こうで握っているご主人が若いのに驚く。しかし心配無用。京橋の名店「与志乃」で修行を積み、その後、先代についてしっかり江戸前の基本を叩き込まれ二代目となった。寿司ネタにしろ、その仕込みは先代の正統派江戸前が技として受け継がれているのは頼もしい。しかしながら「青木」は江戸前と異なる。明石の「鯛」や「蛸」関東ではめったに入らない小粒の瀬戸内海産「うに」。これも「銀座なか田」で長く修行した先代が14年間京都で店を開いていた恩恵である。「おやじは京都の人に、瀬戸内の旨い白身を教わって、まぐろの旨さを伝えたいんですよ。だから僕は、関東の人に関西の白身を知ってほしいですね」と云うご主人。見逃せない一軒である。